母乳の
いいところ

母乳は赤ちゃんやママ、そして環境にもいいことがたくさん!
ここでは赤ちゃんとママ、それぞれに考えられるメリットを紹介します。
これを機に、みなさんも「母乳育児」をはじめてみませんか?

赤ちゃんにとってのメリット

母乳育児は赤ちゃんにとって最も健康的、かつ自然な方法とされています。
赤ちゃんにとってのメリットを考え、母乳育児にチャレンジしてみましょう!

栄養満点!

母乳には赤ちゃんがすくすく育つために必要な栄養素(乳糖や脂肪、たんぱく質、カルシウム、ビタミン、ミネラルなど)が過不足なく含まれていて、なおかつそれらは赤ちゃんの腎臓や肝臓、消化器官などに負担をかけないような構成となっています。
また、善玉菌が増えることでおなかの調子もよくなり、さらには乳糖が多く含まれるため脳の発育をも助けてくれるのです。

母乳は赤ちゃんにとって消化がよく、乳児が必要とする栄養素を満たしている・・・まさに最高のバランス食品といえるでしょう。

免疫物質がたっぷり!

母乳は病気に対する抵抗力を強めてくれることから、「最初の予防接種」とも呼ばれているそうです。
特に、産後2~3日に分泌される「初乳」には分泌型免疫グロブリン(SIgA)と呼ばれる免疫体が豊富に含まれています。
これが腸の粘膜に広がり細菌やウィルス、アレルギーの原因となる異種たんぱくの侵入を防いでくれるとか。
また、母乳で育った赤ちゃんは乳幼児突然死症候群(SIDS)の発症率も低いとされています。

顎の発育を促す!

母乳を飲むためには、顎や舌などをたくさん使わないといけません。
このおっぱいを吸うという運動こそが顎の発達を促し、さらには脳の刺激となり全体的な発育にいい影響を与えます。
顎の発達は、咀嚼力の発達とともに正しい歯並びを作る基礎になるそうです。

母子の絆が深まる!

ママの腕にしっかりと抱かれることで赤ちゃんは安心し、心身の発達によい影響を与えるとか。
また、自分の要求を聞き入れてもらえることで自分に自信をもち、信頼する心も芽生えます。
抱っこして、目を見て、語りかけながらおっぱいを飲ませる・・・この「授乳」という行為はママと赤ちゃんの絆をより深めてくれることでしょう。

ママにとってのメリット

母乳は赤ちゃんだけでなく、ママにもさまざまなメリットをもたらします。

産後の回復が早い!

赤ちゃんがおっぱいを吸うと、子宮の収縮が促されて産後の回復が早まります。

また、おっぱいを外に押し出すためのホルモン(オキシトシン)にはママをリラックスさせる効果もあるとか。実際に、母乳で育てているママはマタニティブルーになりにくいそうです。

産後ダイエットに効果的!

妊娠中に蓄えた脂肪は、授乳によって母乳の乳脂肪へと変化します。
ママの体からは無理なく脂肪が落ち、赤ちゃんの栄養へと変わっていく・・・つまり、ダイエット効果が期待できるということです。
母乳育児は、まさに「自然なダイエット」といえるでしょう。

経済的かつ実用的!

母乳はお金がかからないうえ、ゴミも出しません。
また、赤ちゃんが泣いたらすぐに授乳できる・・・というメリットも。特に、夜中は寝転がったまま沿い乳で授乳することもできます。
外出時も荷物はほとんどいらず、ママの身1つで出かけられるでしょう。
いつでもどこでも、すぐに授乳ができる・・・これこそが母乳育児における最大のメリットなのかも知れません。

乳がんになりにくい!

母乳育児をしていたママは閉経前の乳がん罹患率が50%少なくなり、また卵巣がんや骨粗しょう症のリスクも低減されるそうです。
逆に、母乳を与えたことがない女性は閉経前に乳がんや卵巣がんになる確率が増加するとか。