ゼロからはじめる母乳育児
ホーム    リンク    サイトマップ

母乳マッサージにチャレンジ!

乳腺炎や母乳不足など・・・母乳育児にはトラブルがつきもの。そんなトラブルを防ぐためにも、母乳マッサージにチャレンジしてみませんか?

母乳マッサージとは

母乳マッサージとは乳腺を発達させて母乳づくりを促すとともに、赤ちゃんに安心して母乳を飲ませることができるようケアすることです。ケアが行き届いていないと赤ちゃんが吸い付きにくくて上手に飲めなかったり、皮膚が傷ついて飲ませるたび痛んだりします。母乳マッサージは妊娠中(安定期以降)からはじめることが出来るので、ぜひ毎日の習慣として続けるようにしてください。

▲ Page top

自分でも出来るの?

母乳マッサージは専門家(助産師など)だけでなく、自分でも簡単にできます。ここでは自分で出来る母乳マッサージを紹介するので、ぜひ参考にしてください。ただし、乳腺炎などの疑いがある人は実践せず、まずは病院を受診しましょう。

基底部マッサージ

・ ステップ1

  1. マッサージする乳房を反対側の手でボールをつかむように支えます。
  2. もう片方の手の親指(付け根あたり)を脇下の乳房周辺部にあてます。
  3. 乳房の外側から内側に向かって両手で力をいれ、これを3回行います。

・ ステップ2

  1. マッサージする乳房を反対側の手で斜め横から支えます。
  2. 1にもう片方の手を添えます。
  3. 内側に向かって力を入れ、これを3回行います。

・ ステップ3

  1. マッサージする乳房を反対側の手で下から支えます。
  2. 1にもう片方の手を添えます。
  3. 上方に向かって力を入れ、これを3回行います。

▲ Page top

乳頭・乳輪マッサージ

乳頭や乳輪をマッサージすることでうっ血やむくみをとり、皮膚を柔らかくします。また、赤ちゃんが飲みやすい乳房になるのでママも安心して母乳を与えることが出来るでしょう。

・ 圧迫

  1. マッサージする乳首と反対側の手で乳房を持ち上げ、親指〜中指で乳輪・乳頭部分をつまみます。
  2. 方向を変えながら、約1分間ゆっくり圧迫を繰り返します。
  3. ゆっくり乳頭・乳輪部の位置(前後左右)を変えながら圧迫します。

▲ Page top

むくみを取るマッサージ

このマッサージによって乳房に母乳が溜まり、乳頭や乳輪部にむくみが生じて母乳の出が悪くなるのを防ぎます。また、むくみによる乳管の圧迫をなくし、授乳時や搾乳時の痛みも和らげてくれますよ。

・ 縦方向のマッサージ

  1. 片手の薬指と小指で乳房を支え、親指と人さし指で乳頭を圧迫します。
  2. 乳輪の上方から下方に向かって、位置をずらしながら3〜4回圧迫します。

・ 横方向のマッサージ

  1. 両手の薬指と小指で乳輪部の左右から乳房を軽く持ち上げます。
  2. 親指と人さし指で乳輪部をゆっくりつまみます。
  3. 乳頭の中心に向かって、位置をずらしながら3〜4回揉みます。

▲ Page top

桶谷式ってなに?

母乳マッサージ=痛いというイメージどおり、多くの産院では痛みを伴うマッサージが施されています。私自身、産後の母乳マッサージでは毎回涙を流していました。しかし、ここで紹介する「桶谷式マッサージ」は痛みを伴いません。むしろ、気持ちがよくて眠くなってしまうほど。また、おっぱいだけじゃなく、心までもが軽くなります。この桶谷式マッサージが受けられる相談室は全国各地にあるので、母乳でお困りの方はぜひ一度足を運んでみてください。

▲ Page top


このページをブックマークする
Yahoo!ブックマーク  Google Bookmarks  はてなブックマーク  niftyクリップ  livedoorクリップ  del.icio.us